三原リージョンプラザ

since 2007.4.1

トップ(お知らせ) > 過去のお知らせ >
 
   
 
映画「花戦さ」※上映時間2時間7分

更新日  2017/08/23

 【とき】   平成29年8月23日(水)

【時間】   ①10時30分 ②14時00分 ③18時30分

【当日料金】 一般 1,800円(1,500円)
       大学生 1,500円(1,300円)
       3歳~高校生 1,000円(800円)
       障がい者手帳をお持ちの方 1,000円
       ※60歳以上 1,100円
       ※50歳以上夫婦お二人で 2,200円
       フューレックカード提示 1,300円
        
        ( )は割引券利用時の料金です
        ※は年齢確認ができる物が必要となります
                        ♦フューレックカード使用できます

1回目2回目上映前に、IKENOBOYS江木淳人さん による「いけばなパフォーマンス」 と 映画みどころトーク(約30分)を行います。また、ホワイエでは、三原市内の池坊関係者による「いけばな」展示があります。
華道家元池坊は花をいけた記録から555年の節目を迎えました。そこで、伝統文化華道の素晴らしさや奥深さを力強く伝えていくことを目的に活動するPR隊を結成しました。池坊華道を学ぶ若手華道男子グループ「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」です。KENOBOYSの由来は、華道の家元である「池坊」を学ぶ男子=池坊男子たち=IKENOBOYSです。


【割引券設置場所】
リージョンプラザ、中央公民館、中央図書館、本郷生涯学習センター
大和文化センター、くい文化センター、ポポロ、うきしろロビー 他
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇作品紹介◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
解説:小説家の鬼塚忠による著書を基に、戦国の世の日本で豊臣秀吉と華道家元・初代池坊専好の伝説に着想を得た物語が描かれる時代劇。天下人となった秀吉に対して刃ではなく花で戦いを挑む専好の姿を描く。専好を狂言師で『のぼうの城』などの野村萬斎が演じるほか、歌舞伎俳優の市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが出演。監督は『起終点駅 ターミナル』『小川の辺』などの篠原哲雄。歴史上の人物にふんする日本を代表する俳優陣の競演に注目。

あらすじ:戦国時代の京都。花を生けることで世の平穏を祈る「池坊」と呼ばれる僧侶の中でも、専好(野村萬斎)は名手とうたわれていた。そのころ、織田信長(中井貴一)亡きあと天下を手中に収めた豊臣秀吉(市川猿之助)の圧政が人々を苦しめ、専好の友であった千利休(佐藤浩市)が自害に追い込まれる。専好は秀吉に対して、力ではなく花の美しさで戦おうと立ち上がる。  






更新日  2017/08/23
 
Copyright(c) since 2007 Mihara Region Plaza.All Rights Reserved.
指定管理者 株式会社サービスセンター